セルライトとは

セルライトとダイエットの関係

セルライトが深刻化すると、痩せにくい肥満体質になることもあり、見た目も汚いために、悩みは深刻です。

ダイエットをして体重も減り、痩せたにも関わらず、下半身がなぜか痩せない・二の腕やふくらはぎにできたセルライトが少しも除去されない、という方はたくさんいます。

どうしてこのような現象が起こるのでしょうか?

ダイエットは、食事制限で摂取カロリーを減らして、運動やトレーニングなどのエクササイズで消費カロリーを増やす、というのが一般的です。確かに、エクササイズやトレーニングなどで基礎代謝は上げ、食事療法をすれば余計な脂肪は落ちていくことでしょう。

しかしカチカチに硬くなってしまったセルライトは、そのダイエットの方法だけでは、除去・解消することが難しいのです。

つまり結果的には、ダイエットとセルライトの除去は、別に考えて対策をたてないといけないということです。ダイエットという言葉よりは、部分痩せの方がより近い関係があるようです。

セルライトとは?

お腹やウエスト、足や太ももなどについたセルライトを取りたいが為に、ダイエットを頑張っている方も多いでしょう。

そもそもセルライトとは、特に女性の方にみられる脂肪細胞の塊で、皮膚表面が凸凹の状態になるため、オレンジピールスキン(みかんの皮のような肌)とも呼ばれています。
お肉を指ではさむとオレンジの皮のようなデコボコの皮膚の状態になっています。

セルライトは、欧米の成人女性の80%が症状としてあるようで、日本でも多くの女性に症状がでやすく、体型がスリムな方でも悩むことがあるようです。

セルライトには、硬質と軟質があり、軟質がよりやっかいなようです。

edit