セルライトの原因

セルライトと日本人

セルライトは一説によると、日本人は欧米人に比べると体質的にはできにくいといわれています。

しかし日本人であっても、思春期以降の女性には起こりやすく、一見スリムに見える人でも、ほとんどの女性にセルライトは見られます。


セルライトというのは、皮膚の内側にある脂肪細胞が膨張することで形成されてます。脂肪細胞が大きくなりすぎ、周囲の組織を圧迫し、血液やリンパ液の循環が悪化するのです。

それがひどくなり、セルライトと呼ばれる皮膚の表面のデコボコが現れてきてしまうのです。

セルライトの基礎知識

セルライトができると、脂肪層が厚くなり、肥満体質になりやすくなります。また、セルライトにより、さらに血流が悪くなると、女性特有のむくみや冷え性、水太りの原因にもなっています。

セルライトは通常のダイエットは効果はなく、目に見えないところで毎日少しずつ増え、気がつくと肌はデコボコになっているのです。


セルライト撃退には、とにかくリンパ液の流れを良くすることで、老廃物の排出が大切だそうです。(効果的なマッサージのやり方

足の筋肉をよく使い、水分を補給し、血行を良くする必要があります。ダンサーの足にはセルライトはありません。足の筋肉を頻繁に使う彼女たちはセルライトができにくい体質になっているのだと思われます。

セルライトができる原因

セルライトができる要因は、ホルモンの影響・バランスの悪い食生活・運動不足など血行不良と代謝不良をおこすような生活習慣や食生活と言われており、初めから完全に防ぐことは難しく、その上一度できると、食事療法や運動ではなかなか取ることができません。

最近の研究では、セルライトは押しつぶすと、風船が割れるようにセルライト組織を解消できることが分かりました。セルライトが出来やすい人というのは、一般的には冷え性やむくみ体質が多く、逆にセルライトがある人は、冷えやむくみがおき易いとも考えられています。

ようするに悪循環になるようです。

セルライトができやすい生活習慣

以下のような生活習慣があると、セルライトができやすいとされています。

・午前中に30分以上歩かず足を使わない

・2時間ごとに200ml以上の水をとらず水分不足

・濃い味つけが好きで血液中の塩分が多い

・湯船に5分以上つからず血管を拡張しない

・足を組んで股関節が狭い

edit